尾瀬登山ガイド

 尾瀬自然ガイドに認定された者で、至仏山、燧ヶ岳、会津駒ヶ岳などの山岳エリアでのガイド活動に必要な登山技術などを有し、所定の講習を修了したものを 「尾瀬登山ガイド」として認定しています。


1.ガイド対象区域と活動期間
 ■対象区域 /
   尾瀬国立公園内の山岳部を含む全ての登山道
※ただし、廃道になっていたり、立ち入りが規制されている登山道を除く。また、立ち入りや入山規制等がある場合は、規制内容を遵守する。

 ■活動期間 /
  尾瀬に通じる道路の開通日から閉鎖日までとするが、場所によって次のとおりとする。
  (至仏山、燧ヶ岳、会津駒ヶ岳)
   7月1日から10月末日まで
  (田代山)
   山開きの日から10月末日まで
  (帝釈山)
   オサバグサ祭りの初日から10月末日まで


2.認定期間
 認定の日から3年を経過した後の最初の3月31日までとし、認定期間内に所定の更新講習を受けることにより、3年間認定を更新できるものとする。


3.尾瀬登山ガイドルールの遵守 (詳細は「尾瀬ガイドルール」ページ参照)
 尾瀬登山ガイド認定者は、「尾瀬自然ガイドルール」に加え、下記「尾瀬登山ガイドルール」を遵守して活動を行う。

 (1) ガイドレシオ
     尾瀬登山ガイド1人あたりの催行人数は8名程度が望ましいが、12名までとする。ただし、これを超える場合はサブガイドを付けることで最大24名まで催行できるものとする(~1:12、~2:24)。なお、行動の際の1グループはガイドを含め13人以下とする。
 (2) 登山届
 (3) 自然への配慮・参加者の安全への配慮

ガイドのご依頼は尾瀬ガイド協会事務局(電話027-220-4431、FAX027-220-4421)まで